手書き手仕上げ会社印鑑とは、吉相を手書き文字でつくり、手仕上げする会社印鑑です

会社印鑑の作成・通販【中尾明文堂・ネット店】

  • 店舗概要
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • かごの中を見る

ホーム > 手書き手仕上げ会社印鑑とは

手書き手仕上げ会社印鑑とは

安全性、縁起の良さ、美しさを兼ね備えた会社印鑑

手書き文字会社印鑑量販店で販売している安価な会社印鑑は、そのほとんどがあらかじめ機械に登録された書体を機械が彫るだけの、どこにでもある、同じ機械があればコピーされる危険性の高い印鑑です。

その点、中尾明文堂・ネット店の会社印鑑は、印稿(印面の基となる原稿)を手書きで作ります。 そして、その印稿を一級印章彫刻技能士が1本1本、手仕上げします。つまり、 この世に1本しかない、あなただけのオリジナルの会社印鑑が出来上がるのです。もちろん、偽造するのは困難(もちろん、当店でも同じ印鑑を再度作ることは不可能です)です。

手書き手仕上げ会社印鑑は、堅牢な安全性と縁起の良さ、そして美しさを持った会社印鑑なのです。

美しく、安全な手書き文字

姓名判断・画数鑑定の例会社印鑑の書体(文字)は一級印章彫刻技能士の上野山有徳が手書きで作っています(忙しい時には一級彫刻士で金賞受賞の職人さんに印稿の作成を手伝って頂きます)。手書きで作る文字は繊細かつ大胆、生命力を感じる印面に仕上がります。

また、手書き文字はセキュリティ面でも有効です。パソコンで出力した文字を使って機械彫りしただけの印鑑は、同じ書体で出力すれば全く同じものが出来てしまいます。手書き文字はその都度、人が書いているので偽造は困難です。中尾明文堂・ネット店の会社印鑑は、全て手書き文字で彫っています。

姓名判断・画数鑑定による吉相

姓名判断・画数鑑定の例縁起の良い吉相を導き出すには、まず会社名を五格分類という方法で画数鑑定し、画数が吉か凶かを導き出します。「株式会社中尾宝石店」という会社名で鑑定をしてみましょう。

「中尾宝石店」さんの総画数が44格(凶数)なので、接点数(文字が枠に付く数)を24点にして、 合計68格(吉数)に画数を調整しました。

総画数44画(凶数)+接点数24点=68画(吉数)

一級印章彫刻技能士が、1本1本想いを込めて手仕上げ

一級印章彫刻師が会社印鑑を手仕上げで作成姓名判断・画数鑑定により導き出した縁起の良い吉相を一刀一刀、想いを込めて仕上げていきます。余計な贅肉をそぎ落とすように一字一字丁寧に仕上げていくのは、印章彫刻技能士だからこそ出来る技です。

画数の多い漢字においては、1mm以下の単位での精密な技術を要求されます。綺麗に印鑑が付き、ずっと使ってもらえるように、細部まで美しく彫り上げます。この手仕上げの工程は機械では決して出来ない、繊細で熟練した技術のいる工程です。

開運会社印鑑について

  • 手書き文字会社印鑑とは
  • 3つのこだわり
  • 一級印章彫刻師が手仕上げ
  • 手書き文字の印稿
  • 会社名の画数鑑定による吉相
  • 会社印鑑を彫る彫刻職人
  • 会社印鑑の印材
  • 会社印鑑のサイズ
  • 会社印鑑が出来るまで
  • TEL:0737-23-7567(9時〜18時/平日)
  • FAX:0737-23-7568
  • FAX・お電話でのご注文
  • お問い合わせ
  • お電話・FAXからのご注文も承っております。