印鑑のメンテナンス・お手入れについて

会社印鑑の作成・通販【中尾明文堂】

  • 店舗概要
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • かごの中を見る

ホーム > ご利用案内 > 印鑑のメンテナンス

ご利用案内(ご注文の流れ)

  • ご注文の流れ
  • お支払い方法
  • 送料・お届け方法
  • 返品・交換
  • 旧字・外字がある場合
  • FAX・お電話でのご注文
  • 特定商取引法に基づく表記
  • ご注文時の安心セキュリティ
  • 安心の5年間保障
  • よくあるご質問Q&A
  • 印鑑のメンテナンス

印鑑のメンテナンス

印鑑もずっと使っていると少しずつ汚れてくるものです。上手にお手入れ・保管すれば、印鑑は末永く一生使っていただくことができるものです。

又、お手入れしていない印鑑は、捺印時の印影が汚くて判読できなかったり、相手に与える印象も良いものではありません。 乾燥から守ってあげるだけでも、印鑑の寿命は大きく変わります。

大切なものだからこそ、こまめに正しくお手入れしましょう

印鑑は朱肉やスタンプを使って捺印するためホコリ、紙粉、朱肉の繊維などが付着しやすいのでずっと使っているうちに、目詰まりして印鑑としての役目が果たせなくなってしまいます。チョットした掃除で印鑑がスッキリ捺印出来るようになります。

日常のご使用時について

印鑑を捺印する時は、朱肉をつけすぎないようにして下さい。朱肉をつけすぎると印面に朱肉が残り痛みやすくなります。

お手入れ・お掃除の時に苦労しないコツです。朱肉をつけるときにあまり力を入れすぎると、朱肉に含まれる余分な油が浮き出るばかりでなく、朱肉が印面の隙間に詰まってしまい、お手入れ時にこびり付いて取れなくなってしまいます。

これが乾燥すると印鑑の品質劣化の大きな原因となり、お手入れしてもなかなかとれませんので、お使い後まめに布やティッシュで優しく朱肉をふき取ると良いです。朱肉を適量につけたら、押印する用紙の下に捺印マットなど適度なクッションとなるものを敷き、押印する箇所に印鑑を真っすぐに立て、重心をバランス良く押します。下に柔らかい物を引くことで、捺印も押しやすく、印鑑も痛みにくいのでオススメです。

また、お使いの朱肉の品質によって、印影の美しさに違いがハッキリと出てしまいます。あまりにも安い朱肉は印鑑を痛めやすくオススメ出来ません。朱肉は良い物をお使い頂くことが長い目で見ると良いです。

印鑑のお手入れ・お掃除方法

日常の埃やゴミを落とすには、まめに印掃ブラシで軽くゴシゴシこすって落としてやればいいのですが、あまり強くこすらないこと。 特に、つげ材の古い印鑑などは印面は長年使っているので朱肉が印面に浸透していて、もろく傷がつきやすく強くこすっても頑固な汚れは落ちません。 ガンコな汚れや目詰まりなど、印面の奥にこびりついた汚れを落とすのに一番効果的なのが石鹸です。

古くなって使わない歯ブラシ(できるだけ毛が柔らかいもの)の先に石鹸をつけて印面で泡立て、ぬるま湯で優しく洗い流して下さい。そしていらなくなったタオルや布で優しく水分をふき取って下さい。大方の汚れはこれで落ちます。

あまりに汚れがひどい場合は、洗う前に安全ピンの針先などで印面を傷つけないように、凹部にこびりついた汚れを浮かせておくときれいに汚れが落ちます。ただ、針やピンなどを使う場合、誤って印面に傷を付けてしまう場合がありますので注意が必要です。

象牙の
お手入れ方法
象牙の印鑑は乾燥等によるヒビ割れに強く、お手入れは水や石けんを使って洗って掃除しても良いですが、その時は水分を乾いた布できっちりふき取り、日陰干し (直射日光を避ける)で水滴などがとれた状態であれば、汚れやほこりはきれいにとれます。

湿った布でほこりなどをふきとり、ご家庭にある白い色の光沢剤(ワックス)で磨いた後、布のきれいな部分で軽くこすると光沢が出ます。

象牙は、正倉院に今でも残っているくらい変化せず、象牙の印鑑は印鑑の王様と言われるくらい、自然が創った天然の財産です。 大切に保存することにより、一生どころか代々までお使いいただける印材です。
白水牛の
お手入れ方法
白水牛(牛角)は中心に芯のあるもの(芯持ち)が高級とされています。特に冬場で空気が乾燥したり暖房器具の近くに保存していると、この芯にむかって凹みが生じ易すく、ひび割れなどの原因になりますので、1度は(特に冬場)オリーブオイルや菜種油などの天然オイルを印面に数滴落として、軽く拭き取って保管しておきましょう。
保管場所ですが、なるべく外気と触れない冷暗所に保管しましょう。
黒水牛の
お手入れ方法
黒水牛(牛角)は天然の素材ということもあり、黒水牛は朱肉には相性が良いですが、乾燥に弱い特性がある印材です。冬場や暖房器具の近くで保存していると、ヒビ割れすることがあります。印鑑のケースに入れて金庫等の冷暗所に保管して下さい。
柘植の
お手入れ方法
柘植はご使用の度に柔らかい布などで、印面をふき取る習慣をつけるのが一番望ましい取り扱い方法です。朱肉には油質が含まれていますので、長年使っていると染み込んで、枠や印面などの部分がもろくなりがちです。
使った後は、印面に残った朱肉を拭き取るのが、長持ちすることが出来ます。朱肉も程度の良い朱肉をお使いすることオススメ致します。

虫食いにもご注意を

水牛は、動物性の繊維質で出来でいますので衣類につく虫(カツオブシムシ)が印鑑につくことがあります。衣類と同様に、長期間タンスの片隅に片づけておいた印鑑を使おうとしたら、虫食いでボロボロに・・・、ということもあります。

印鑑を裸のまま保管せず、ケースに入れて金庫や冷暗所に保管すると良いです。

印鑑の最適な保管方法

印鑑は、保管する際、使い終わったらすぐにケースに入れて保管してください。いずれも天然の素材ですので、どのはんこの印材も「乾燥に弱い」のです。

この問題を解決するお手入れ方法は、きちんとケースに入れて保管することです。当店でお付けする印鑑ケースは高品質なトカゲ皮を使った丈夫なケースで、とても頑丈で乾燥にも強いものです。印鑑 ケースに入れておくのが、乾燥を防ぐ最も簡単で確実な保管方法です。

天然素材の印材は冬場の乾燥に大変弱くデリケートです。冬場は暖房器具の傍には絶対に放置しないようにして下さい。一年を通じて、あまり温度・湿度が変化しない場所に、必ずケースに入れて冷暗所に保管することが望まれます。

  • TEL:0737-23-7567(9時〜18時/平日)
  • FAX:0737-23-7568
  • FAX・お電話でのご注文
  • お問い合わせ
  • お電話・FAXからのご注文も承っております。