会社印鑑のご注文についてよくあるご質問Q&A

会社印鑑の作成・通販【中尾明文堂・ネット店】

  • 店舗概要
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • かごの中を見る

ホーム > ご利用案内 > よくあるご質問Q&A

ご利用案内(ご注文の流れ)

  • ご注文の流れ
  • お支払い方法
  • 送料・お届け方法
  • 返品・交換
  • 旧字・外字がある場合
  • FAX・お電話でのご注文
  • 特定商取引法に基づく表記
  • ご注文時の安心セキュリティ
  • 安心の5年間保障
  • よくあるご質問Q&A
  • 印鑑のメンテナンス

よくあるご質問Q&A

中尾明文堂についてのご質問

ご注文についてのご質問

お届けについてのご質問

会社印鑑についてのご質問

印材についてのご質問

回答

中尾明文堂についてのご質問

  • 画数鑑定とか、姓名判断とか、よく分からないんですけど・・・?
  • 会社名もしくは代表社名の画数鑑定をし、接点数を考慮させて頂きまして吉相にいたします。
  • 印鑑のケースは付いてくる?
  • 会社印鑑には全て印鑑ケース(モミ革)が付属します。象牙はトカゲ皮の印鑑ケースが無料でお選びいただけます。
  • もし破損しても保証してくれる?
  • 全ての会社印鑑に5年間の保証書をお付けいたします。お買い上げより5年間は、基本次の3つの項目について保証させて頂きます。
    1.印鑑が火災で焼失したとき
    2.印鑑が盗難にあったとき
    3.印鑑の印面を不可抗力により破損したとき
    万が一お届けした時点で破損していた場合は、もちろん無償で新しい印鑑を作成してお送りさせていただきます。お届け時に破損が合った場合は、下記までご連絡下さいませ。迅速に対応させて頂きます(中尾明文堂・ネット店 TEL:0737-23-7567/E-mail:info@kaishain.jp)。
  • FAXか電話で注文したい
  • FAX・お電話でのご注文は、FAX・お電話でのご注文ページより、FAX用紙(PDF)をまずはダウンロードしてください。FAX用紙(PDF)を 印刷して頂き、必要事項をご記入の上、FAX(0737-23-7568)をお送り下さい。お電話でのご注文(0737-23-7567)は、平日午前9時から午後6時まで受け付けております。FAXは24時間受け付けております。
    お電話でのご注文は、下記の項目をお伝え下さい。お電話で伝えきれない場合は、FAX(0737-23-7568)かメール(info@kaishain.jp)でお伝え下さい。
    1.【商品名】
    2.【彫刻する会社名・役職名など】
    3.【ご連絡先】
    4.【お届け先】
    5.【お支払方法】
    6.【お届け希望日時】
  • 至急印鑑を作成してほしい
  • ショッピングカート内のSTEP3「通信欄」に【大至急、印鑑を作成して下さい。】と記載して下さい。またはTELにてもお受け致しております。納期はにつきましては、確認メールまたはTELにてご連絡させていただいております。
  • 高額な商品なので、インターネットで購入するのが不安
  • 中尾明文堂・ネット店は、実店舗を構えて110年以上の老舗です。110年以上続いて来た事が信頼の証だと思っております。また、当店では厚生労働大臣より一級印章彫刻士としても認可されており、印鑑の技術展覧会においても数々の入賞歴があり、技術力・信頼性のある店だと自負しております。しかし、高額な商品故に、それでも慎重になるのは分かります。当店では、インターネットでの通販だけでなく、電話・FAXでもご注文が可能ですので、ご活用下さい。
    FAX・お電話でのご注文ページよりご注文下さい。
  • 使わなくなった象牙の印鑑があるのだけど、彫り変えは可能?
  • お彫り変え致します。当店に印材をお送り頂く前に、まずお電話かEメールにてお問い合わせ下さい。
  • 注文した印鑑はすべて印章彫刻士が仕上げるのですか?
  • はい、当店では印章職人が印影のバランスを考えて字入れしていき、ミリ単位で細部に至るまで綺麗に手仕上げしていきます。また当店は厚生労働大臣に認可されており、一級印章彫刻士も取得しております。 

ご注文についてのご質問

  • ケースを別のものに変えたいんだけれど、どうすれば?
  • 中尾明文堂・ネット店の会社印鑑は、通常モミ革の印鑑ケースがついてきます。ご注文時にオプションでトカゲ皮の印鑑ケースに変更することも可能です(象牙以外の印材は有料になります)。
  • ラッピングをしてほしい
  • すべての商品に対し無料でラッピングしております。ご注文の際にラッピングの指定をしていただく必要はありません。
  • 旧字(外字)が入っている
  • 旧字・外字に付きましては、詳細は旧字・外字がある場合ページをご覧下さい。ご注文の際にカート内のSTEP1「お客様情報入力」にて、 旧字コードと、お名前のどの文字が旧字であるかをご記入下さい。旧字コード表は旧字・外字がある場合ページにあります。またコード表にないお名前の場合は、FAXもしくはメールにてやり取りしながら印鑑を作っていきます。
  • 質問や相談のメールはどこに送れば?
  • お問合せフォームより、お気軽にお問合せ下さい。
  • 彫られた字が注文したのと違う字になっている
  • 当方のミスによる不良品につきましては、誠意を持って返品・交換させて頂きます。不良品による返品・交換は到着後7日以内にご連絡下さい。
  • 注文した印材と違う
  • 当方で確認次第、返品・交換させて頂きます。不良品による返品・交換は到着後7日以内にご連絡下さい。
  • メールが届かない
  • メールアドレスの入力ミス以外の理由でメールが届かないというお問い合せの多数が、フリーメール(Yahoo!JAPANメールやHotmailなど)のご使用が多いようです。これは、フリーメールの機能(迷惑フォルダーに自動処理)等による現象で、大半がお客様の設定や管理で解決する場合がほとんどのようです。
    「メールが届かない」等のお問い合せを頂いた場合も、弊社からのメール連絡が届かない恐れがございますので、次の事項を今一度ご確認していただければと存じます。
    1.メールアドレスを間違って記載している(全角で記載している)。
    2.受信メールボックスの容量が一杯になっている(必要ないメールは捨ててください)
    3.迷惑フォルダーに自動処理されている。
    4.携帯電話等に転送を設定している。
    5.ご契約しているプロバイダのサーバーエラー(ご契約しているプロバイダにお問合せ下さい)
  • 注文確定後に追加したい商品がある
  • 追加の商品がある場合は、まず当店までお問い合せ下さい。こちらで確認次第、明細のご連絡をいたします。また、追加で注文された場合に、通信欄などに【同梱希望】などの表記を入力してください。追加注文は、最初のご注文日より3日以内にお願いいたします。
    ※追加注文を頂いた場合は、お届け日が変更になる場合があります。
  • 注文後の商品の変更は可能?
  • ご注文後の商品の変更は、ご注文日より2日以内にお願いいたします。早ければ、ご注文日当日より彫り始めるケースがございます。変更の場合は、お電話(0737-23-7567)もしくは、お問合せフォームより早急にご連絡下さい。
  • 領収書を発行してほしい
  • カート内のSTEP1「お客様情報入力」にて、「領収書の発行」という箇所の「必要」にチェックを入れてください。

商品のお届けについてのご質問

  • いつ届きますか?
  • 現在、ご注文日より20日以内でお届けいたします。 大至急必要な場合や、日の良い日に欲しいなどの場合は、カート内STEP2「お届け希望日時」にてご指定下さい。お届け日時の指定はご注文日より20日以降から指定可能です。お急ぎの場合、お電話(0737-23-7567)もしくは、お問合せフォームよりご連絡下さい。
  • 祝日や長期休暇の場合の商品発送・到着はどうなる?
  • 基本、祝日や長期休暇の期間中は、商品発送は致しておりません。通常営業日での発送となります。 なお、長期不在の場合などお問い合せメールにてその旨ご相談していただければ、ご希望の発送日に送らせていただきます。
  • 到着日の日時指定は可能?
  • ご注文を頂いた日から、20日以降から指定いただけます。日時指定は、カート内STEP2「お届け希望日時」にてご指定していただけます。

会社印鑑についてのご質問

  • 角印と会社実印(丸印)の違いとは?
  • 角印は、見積書・請求書・領収書など、対外的に発行する書類を正式なものとして認めた証として押印するものです。角印は法人の認印に過ぎず、法的拘束力を持たない書類になる場合がありますので、使用には注意が必要です。
    会社実印(丸印)は、代表取締役が代表権を行使するときに使用する印鑑です。法務局へ登録し、印鑑証明書を発行したもので、会社にとって最も重要な印鑑です。公式文書に捺印する場合は、会社実印(代表者印)を使用します。
    会社実印と角印をよく見ると、おそらく会社実印には「代表取締役之印」といった役職が彫られており、角印には会社名が彫られているはずです。ですので、代表者の捺印が必要な際に会社実印(代表者印)を使い、会社名だけで良い場合は角印を使います。
  • 会社の印鑑は何種類ほど必要ですか?
  • 一般的に、会社の印鑑は、実印(印鑑証明書に登録したもの)と銀行印の2種類とされるケースが多いようです。本来は、会社実印ひとつで全て事足りるのですが、便宜上や紛失のリスク回避のために、用途ごとに印鑑を作るのが一般的です。日常業務的によく使用する領収書や請求書などの印鑑に、会社の代表権を持った会社実印を頻繁に利用するのはあまり好ましいものではありません。認印で済む書類の場合は、角印や契約印を作って捺印するようにしましょう。
  • 請求書を発行する際に角印を捺印していないと無効になる?
  • 送り先の会社によっては、角印がないと受け付けてくれないことがあります。税法上は角印がなくても問題なく、有効にはなります。しかし、請求書に印鑑がないということは、誰でも複製ができるわけで、コピーをしたものでもそのまま通ってしまいかねません。角印の捺していない請求書は税法というよりは、会社の内部で問題が起きる可能性があるので、メールでの電子データ送信より、出来る限り角印を捺して郵送で送るようにすることをおすすめします。
  • 普通の彫り方とどこが違う?
  • 字入れに印相体と言う書体で字を作っていきます。この書体は外枠に字を付け、接点数で画数を調整しながら吉にする彫り方です。
  • 吉相の彫り方をすると、本当に運気が上がる?
  • 印章(はんこ)は決して人の運命を変える物ではありません。大切なのは使用する人の心がけです。現在、私たちの住むこの世界には「姓名学」や「方位学」、「九星気学」 「後天運八十一数吉凶」といったものが存在します。例えば結婚式や結納の日は大安の日に多く行われ、 家や店舗などの新築の際にも大安の日を選び、引っ越しの際は方角を調べたり、親が子供の名前の画数の本を買って調べます。縁起の良い印章持っても運が開けるのではなく、印鑑の相に気にかける方に良い画数、良い方角を選び、良い印章をおつくりさせていただいております。

印材についてのご質問

  • 印材は国内産?
  • 当店で取り扱っている印材で、純粋に国内産の印材は柘植のみです。薩摩本柘植は、すべて国内産でその中でも最も高級とされる鹿児島産のみを使用しています。 黒水牛(牛角)は、ベトナムを中心とした東南アジアの牛角です。 白水牛(牛角)は、オランダ・アフリカの牛角です。 象牙は、アフリカから輸入し、日本で印材として加工しています。
  • 象牙の「極上」「特上」の区別が付かない。何が違う?
  • 象牙の【極上】【特上】は、象牙の取れる場所によって違い、ランクが上がるにつれて綺麗さや堅さが違ってきます。 象牙の【特上】は、適度な堅さでキメが細かく、すばらしい印材です。 象牙の【極上】は、【特上】のワンランク上の印材で、最も芯に近く、美しさ・堅さ・希少価値など、どれを取ってもすばらしく、一生物どころか代々使える印材です。
  • 白水牛の「芯持ち」とは?
  • 当店で使用する白水牛印材は、すべて芯持ちの印材を使用しています。 芯持ちの印材は、ひび割れが少なく、大変丈夫な印材です。
  • 象牙の印鑑は販売しても良いの?
  • 現在は、象牙を販売するにあたって政府の認可が必要となっています。 もちろん中尾明文堂・ネット店で使用する象牙は経済産業省・環境省の認可を受けたものであり、国内に在庫としてある象牙の販売は問題ありません。
    通産省登録 象牙製品取扱業者証 【T-5-30-00093】
  • TEL:0737-23-7567(9時〜18時/平日)
  • FAX:0737-23-7568
  • FAX・お電話でのご注文
  • お問い合わせ
  • お電話・FAXからのご注文も承っております。